行政書士とは | 長浜市 行政書士

行政書士はいわゆる士業のひとつです。行政書士、弁護士、司法書士、社労士など士業にはそれぞれ独占業務があります。行政書士の業務は以下のとおりです。

 

1.官公署に提出する書類作成と代理 | 長浜市 行政書士

行政書士が作成できる書類は数千種類から一万種類と言われています。行政書士はこれら全ての書類を常に作成しているわけではなく、それぞれの行政書士が主な取扱業務を決めています。なお、「業」として書類作成をして官公署に提出できるのは行政書士のみです。行政書士ではない者が行うと違法行為となります。行政書士は許認可申請の専門家です。

 

2.権利義務に関する書類作成と代理 | 長浜市 行政書士

権利の発生、存続、変更、消滅の効果を生じさせることを目的とする意思表示を内容とする書類です。主なものとしては、遺産分割協議書、各種契約書、念書、示談書、協議書、内容証明、始末書、定款などです。行政書士はその名のとおり書類作成のスペシャリストです。

 

3.事実証明に関する書類作成と代理 | 長浜市 行政書士

皆様の実生活に交渉を有する事項を証明するに足りる文書をいいます。主なものとしては、実地調査に基づく各種図面類(位置図、案内図、平面図等)、議事録、会計帳簿、財務諸表などです。特に許認可には図面を添付しなければならないものが多く、一般の方では困難な場合があります。行政書士にご依頼の場合は書面も図面も作成できるため素早く申請できます。

 

4.相談業務 | 長浜市 行政書士

上記書類作成に係る相談も大切な業務です。行政書士は弁護士と比べて相談料が安価であることも特長です。ご相談の結果、行政書士ではなく他士業の管轄業務だった場合、ご希望の方には提携している他士業をご紹介いたします。また、このような場合は相談料はいただきません。
ネット検索や友人・知人にアドバイスだけでは正確な情報を得られず、結果的に解決できないことになります。行政書士にご相談いただければ解決への近道となります。

 

 

許認可のローカルルール | 長浜市 行政書士

許認可の申請や届出の際に提出する書類は、法令で定められていますが、都道府県や市町村によって多少の違いがあります。いわゆるローカルルールであり、同じ滋賀県内でも異なる部分もございます。よって、許認可はローカルルールに沿った要件調査と、要件を満たすための書類・図面作成がとても重要となるわけです。
書籍やネット検索で得た一般的な情報だけでは対応できない場合もあり、実務経験が重要なので行政書士にお任せください。

 

行政書士は予防法務を担う | 長浜市 行政書士

弁護士は紛争になったときに相手方との交渉や代理業務を行いますが、行政書士は紛争状態にならないための「予防法務」としての書類を作成します。離婚協議書、遺産分割協議書、遺言書、内容証明、各種契約書などは、まさに後で揉めないように書面にしておくものです。
よって、紛争状態が成熟している案件や弁護士が介入する案件は法の定めによって、行政書士は受任することはできません。
早期相談は早期解決につながります。身の回りの友人・知人に相談するだけではなく、法的知識がある行政書士などの専門家にご相談されることをおすすめしています。

 

 

行政書士は街の法律家 | 長浜市 行政書士

行政書士は、行政書士試験に合格して都道府県の行政書士会に登録された者です。行政書士試験は行政法、会社法、商法といった主に許認可や会社・法人のための法令と、日本国憲法、民法といった生活・身の回りに関係が深い法令が試験科目です。よって、主には民法の法的知識を活かして様々なお悩みの相談や書類作成をします。行政書士は、まさに「転ばぬ先の杖」であり、「街の法律家」といわれる由縁です。
弁護士は訴訟を視野に入れた依頼になる場合がほとんどですが、行政書士は予防法務ゆえに報酬額も比較的安価で、気軽にご相談していただけます。

 

行政書士は身近な相談窓口 | 長浜市 行政書士

行政書士は街の法律家として様々なご相談に応じます。法律が関係するようなお悩みは、解決できる専門家に早期に相談することが解決への早道です。行政書士は弁護士と比較すると費用もリーズナブルです。一般の方は裁判所での手続きはめったに経験しないと思います。行政書士は身の回りの問題を解決する許認可や書類作成を業務としていますので、身近な相談窓口だと言えます。