車の名義変更は滋賀県長浜市の行政書士かわせ事務所へ

車の名義変更
行政書士かわせ事務所

長浜市、彦根市、米原市を中心に滋賀で車の名義変更や図柄ナンバーを承ります。初回60分無料相談、上位資格の特定行政書士、土日祝予約可など「8つの安心」が特長です

『最高のサービスをいつも通りに』
車の名義変更は滋賀県長浜市の
行政書士かわせ事務所へ

車の名義変更に関する業務
軽自動車のご当地・図柄ナンバー
軽自動車の黄色ナンバーから白色基調のナンバーへ番号そのままで変更でき、ETCの再セットアップも不要です

軽自動車の名義変更
売買や譲渡によって所有者が変更になる場合の名義変更をします

普通車の移転登録
他府県ナンバーからの転入の場合でも出張封印でナンバー交換できます

その他自動車登録
ローン完済後の所有権解除や廃車の手続きも承ります
滋賀県長浜市 車の名義変更のイメージ画像
滋賀県長浜市の行政書士かわせ事務所の電話問い合わせ先
滋賀県長浜市の行政書士かわせ事務所のWEB問い合わせ先

 

 

【車の名義変更の用語と知識】
車の名義変更は滋賀県長浜市の
行政書士かわせ事務所へ

車の名義変更の業務に関する用語と知識です。知っておきたい事柄を記述しておりますので、ご覧いただければ参考になると思います。
ご依頼の際はこれらを詳しくかつ解りやすく解説し、ご依頼人にとってベストな結果へ導くよう努めます。

 

 

 

【8つの安心が特長】
車の名義変更は滋賀県長浜市の
行政書士かわせ事務所へ

当事務所は、ご利用しやすい環境を整えております。詳しくはこちらをご覧ください。

 

 

 

【事務所アクセス】
車の名義変更は滋賀県長浜市の
行政書士かわせ事務所へ

事務所名:行政書士かわせ事務所

郵便番号:〒526-0021

所在地:長浜市八幡中山町318番地15

代表者:特定行政書士 川瀬規央

所属会:滋賀県行政書士会 第16251964号

営業時間:平日9:00〜17:00

TEL:0749-53-3180 / FAX:0749-53-3182

滋賀県長浜市の行政書士かわせ事務所 事務所外観画像
滋賀県長浜市の行政書士かわせ事務所 事務所内観画像
滋賀県長浜市の行政書士かわせ事務所 行政書士画像

【軽自動車のご当地・図柄入りナンバー】
車の名義変更は滋賀県長浜市の
行政書士かわせ事務所へ

軽自動車のナンバープレートは通常黄色ですが、ご当地ナンバー、図柄入りナンバーに交換することができます。現在では交付終了となっているラグビーナンバーやオリパラナンバーのように完全に白ナンバーというわけにはいきませんが、全国版と地方版の図柄入りナンバーがあります。図柄入りナンバーは現在つけているナンバーと同番で交換できるのでETCにも影響はありません。

全国版図柄入りナンバー

  • 交付期間
    令和4年4月18日〜令和9年4月30日
  • ナンバープレート交付料金
    軽自動車 9,050円(滋賀県) ※1,000円以上の寄付でフルカラーも選べます(下の左側画像)
車の名義変更,長浜市,彦根市,米原市,滋賀 車の名義変更,長浜市,彦根市,米原市,滋賀

 

地方版図柄入りナンバー(ご当地ナンバー)

  • 交付期間
    現在のところ終了期間は決まっておりません
  • ナンバープレート交付料金
    軽自動車 9,050円 ※1,000円以上の寄付でフルカラーも選べます(下の画像)。寄付なしの場合は図柄部分がモノクロになります
  • 都道府県によってデザインが異なります。画像は滋賀県のご当地ナンバーです

車の名義変更,長浜市,彦根市,米原市,滋賀

 

軽自動車白ナンバー化のご依頼

  1. ご依頼
    まずはお電話にてご依頼ください。なお、ナンバープレートが字光式、特殊ビスによる取り付け、違法なナンバーカバーの場合には受任できません。
    旧ナンバーを取外し、車検証と一緒にご持参ください。料金(報酬)と新ナンバー代をお支払いいただきます。ナンバー交換のご依頼も承ります。
  2. 新ナンバーの申込み
    当事務所にて新ナンバーの申込みをします。申込日の翌日以降に、新ナンバーが出来上がる予定日をご連絡します(申込日から7営業日以降
  3. 軽自動車検査協会で手続き
    守山市の軽自動車検査協会へ行って旧ナンバープレートを返納し、新ナンバープレートを受領して参ります。
  4. 新ナンバー納品または新ナンバー取り付け
    ナンバー交換もご依頼の場合は新ナンバーを取り付けます。最後にご確認の立会いをお願いします。

【普通車の移転登録】
車の名義変更は滋賀県長浜市の
行政書士かわせ事務所へ

普通車(登録車)の移転登録

移転登録とは、売買や譲渡によって普通車(登録者)の所有者が変更になった際に必要な手続きで、いわゆる車の名義変更です。滋賀県で車の名義変更をする場合は守山市の滋賀運輸支局で行います。

 

普通車は軽自動車とは異なり、不動産に近い動産であり、不動産登記法がベースになっているため、手続きには実印や印鑑登録証明書が必要となります。

移転登録の必要書類

  • 申請書
    OCR方式の申請書ですが書き方が独特です
  • 車検証
    車検の有効期間内のもの
  • 譲渡証明書
    旧所有者は実印を押印して下さい
  • 印鑑登録証明書
    旧所有者、新所有者の印鑑登録証明書で発行から3か月以内のものです
  • 委任状
    代理手続きの場合。旧所有者と新所有者の実印を押印
  • 自動車保管場所証明書
    発行からおおよそおおよそ1か月以内の自動車保管場所証明書
  • ナンバープレート
    滋賀県以外から転入してナンバープレートも変更になる場合に必要です
  • 手数料納付書
    手数料を支払い、証紙を貼り付けます
  • 税申告書
    新車届出から6年を超えない車両は取得税が必要になる場合があるのでご依頼時にお申出下さい

これらの他にも、状況によって必要となる書類があります。委任状と譲渡証明書は以下からダウンロードできます

 

移転登録の手数料

移転登録の手数料は500円で、証紙で納めます。また、ナンバープレートが変更になる場合はナンバープレート代も必要となります。

移転登録の注意事項

当サイトでご紹介する必要書類等は一般的な手続きに必要となるものです。以下のような場合については、別途書類が必要となることがございます。ご自身で手続きされる場合は事前に申請先にご確認いただくようお願いします。なお、事業用自動車の場合は手続きが異なります。

  • 所有者と使用者が異なる場合
  • 車検証の住所と現住所が異なる場合
  • 未成年者の場合
  • 相続による移転の場合
  • 所有権解除の場合
  • その他提出を求められる場合

ナンバープレート変更

普通車は、ナンバープレートの変更を伴う移転登録の場合、守山市の滋賀運輸支局へ車を持ち込み、手続き後に新しく交付されたナンバープレートを封印してもらう必要がありますが、当事務所では、出張封印に対応していますので、運輸支局に車を持ち込まずに当職が封印をいたします。出張封印は別途料金(報酬)がかかります。

【普通車の変更登録】
車の名義変更は滋賀県長浜市の
行政書士かわせ事務所へ

普通車(登録車)の変更登録

変更登録とは、普通車(登録者)の所有者の方の氏名や住所が変更になった際に必要な手続きです。変更登録も守山市の滋賀運輸支局で行います。車の名義変更とは異なり、相手が無いので多少は簡略化されています。

 

また、車検証に記載された住所と現住所が異なる場合の移転登録のようにほかの手続きを組み合わせて申請することもあります。

氏名の変更登録の必要書類

  • 車検証(期間が有効なもの)
  • 申請書(OCR)
  • 手数料納付書
  • 税申告書
  • 委任状(代理人の場合)…所有者の認印を押印して下さい
  • 戸籍謄抄本…発行から3か月以内のもの。法人は登記簿謄抄本
  • 自賠責保険証明書…使用者が変更になる場合に必要です

これら以外にも状況によって必要となる書類があります。

住所の変更登録の必要書類

  • 車検証(期間が有効なもの)
  • 申請書(OCR)
  • 手数料納付書
  • 税申告書
  • 委任状(代理人の場合)…所有者の認印を押印して下さい
  • 自動車保管場所証明書…発行からおおよそ1か月以内のものです
  • 住民票…発行から3か月以内のもの。法人は登記簿謄抄本
  • ナンバープレート…ナンバープレートが変更になる場合です
  • 自賠責保険証明書…使用者が変更になる場合に必要です

変更登録の手数料

変更登録の手数料は350円で、証紙で納めます。

変更登録の注意事項

当サイトでご紹介する必要書類等は一般的な手続きに必要となるものです。以下のような場合については、別途書類が必要となることがございます。ご自身で手続きされる場合は事前に申請先にご確認いただくようお願いします。なお、事業用自動車の場合は手続きが異なります。

  • 所有者と使用者が異なる場合
  • 車検証の住所と現住所が異なる場合
  • 未成年者の場合
  • その他提出を求められる場合

【普通車の一時抹消】
車の名義変更は滋賀県長浜市の
行政書士かわせ事務所へ

普通車(登録車)の一時抹消

一時抹消とは、普通車を一時的に使用しない場合の手続きです。ナンバープレートが付いたままの状態、つまり登録されている状態で自動車を所有していると、税金の支払いが必要となります。そこで、欲しい人が見つかるまで置いておきたい場合や、いずれ乗りたくなったら車検を通して乗るつもりの場合などは一時抹消をしておくことになります。

 

車の名義変更のように所有者が変更になるのではなく、車両を使用しなくなった場合の手続きです。一時抹消も移転登録と同じように守山市の滋賀運輸支局で行います。なお、解体してしまうケースは永久抹消という手続きです。

一時抹消の必要書類

  • 車検証
  • 申請書(OCR)
  • 印鑑登録証明書…所有者のものです
  • 手数料納付書
  • 税申告書
  • 委任状(代理人の場合)…所有者の実印を押印して下さい
  • ナンバープレート…前後2枚とも返納します

これら以外にも状況によって必要となる書類があります。

一時抹消の手数料と注意事項

変更登録の手数料は350円で、証紙で納めます。
当サイトでご紹介する必要書類等は一般的な手続きに必要となるものです。以下のような場合については、別途書類が必要となることがございます。ご自身で手続きされる場合は事前に申請先にご確認いただくようお願いします。なお、事業用自動車の場合は手続きが異なります。

  • 所有者と使用者が異なる場合
  • 車検証の住所と現住所が異なる場合
  • 未成年者の場合
  • その他提出を求められる場合

【軽自動車の名義変更】
車の名義変更は滋賀県長浜市の
行政書士かわせ事務所へ

軽自動車の名義変更

軽自動車の名義変更とは、売買や譲渡によって軽自動車の所有者が変更になった際に必要な手続きです。手続きは守山市の軽自動車検査協会で行います。

 

軽自動車については普通車にような封印制度はありませんので、ナンバープレートが変更になる管轄またぎの名義変更でも車両の持ち込みや出張封印は不要です

軽自動車の名義変更 必要書類

  • 車検証
    軽自動車は車検切れでも手続きできます
  • 申請書
    OCR方式の申請書です。書き方が独特です
  • 手数料納付書
    旧ナンバーを返納する場合は必要です
  • 税申告書
    新車届出から4年を超えない車両は取得税が必要になりますのでご依頼時にお申出下さい
  • 申請依頼書
    代理申請の際に必要です。旧所有者と新使用者/新所有者の認印を押印して下さい
  • 住民票
    発行から3か月以内の新使用者のもの。印鑑登録証明書でもOKです。コピー可
  • ナンバープレート
    滋賀県以外から転入してナンバープレートも変更になる場合に必要です

これら以外にも状況によって必要となる書類があります。申請依頼書は以下からダウンロードできます

 

 

名義変更の手数料と注意事項

名義変更の手数料は無料です。また、ナンバープレートが変更になる場合はナンバープレート代も必要となります。
当サイトでご紹介する必要書類等は一般的な手続きに必要となるものです。以下のような場合については、別途書類が必要となることがございます。ご自身で手続きされる場合は事前に申請先にご確認いただくようお願いします。

  • 所有者と使用者が異なる場合
  • 車検証の住所と現住所が異なる場合
  • 未成年者の場合
  • 相続による名義変更の場合
  • 所有権解除の場合
  • その他提出を求められる場合

軽自動車の自動車保管場所届出

普通車の場合、車の名義変更する場合は新使用者の保管場所で自動車保管場所証明を申請し、自動車保管場所証明書を移転登録の際に添付しなければなりません。軽自動車の名義変更の際には自動車保管場所証明は不要です。
車の名義変更をしたあとで、管轄の警察署へ届出をすればOKです。滋賀県で軽自動車の自動車保管場所証明届出が必要な地域は、彦根市、草津市、大津市(一部除く)です。

【軽自動車の住所変更】
車の名義変更は滋賀県長浜市の
行政書士かわせ事務所へ

軽自動車の住所変更

軽自動車の住所変更とは、引越しなどによって車検証に記載されている住所が変更になったときに必要な手続きです。手続きは守山市の軽自動車検査協会で行います。

住所変更の必要書類

  • 車検証
  • 申請書(OCR)
  • 手数料納付書
  • 税申告書
  • 申請依頼書…代理手続きの場合
  • 発行日から3か月以内の住民票または印鑑登録証明書(コピー可)
  • ナンバープレート…管轄変更を伴う場合

これら以外にも状況によって必要となる書類があります。申請依頼書は以下からダウンロードできます

 

 

住所変更の手数料と注意事項

名義変更の手数料は無料です。また、ナンバープレートが変更になる場合はナンバープレート代が必要となります。
当サイトでご紹介する必要書類等は一般的な手続きに必要となるものです。以下のような場合については、別途書類が必要となることがございます。ご自身で手続きされる場合は事前に申請先にご確認いただくようお願いします。なお、事業用自動車の場合は手続きが異なります。

  • 所有者と使用者が異なる場合
  • 車検証の住所と現住所が異なる場合
  • 未成年者の場合
  • その他提出を求められる場合

【軽自動車の廃車手続き】
車の名義変更は滋賀県長浜市の
行政書士かわせ事務所へ

軽自動車の廃車手続き

軽自動車の廃車手続きとは、軽自動車を一時的に使用しない場合の手続きです。ナンバープレートが付いたままの状態、つまり登録されている状態で自動車を所有していると、税金の支払いが必要となります。そこで、欲しい人が見つかるまで置いておきたい場合や、いずれ乗りたくなったら車検を通して乗るつもりの場合などは廃車の手続きをしておくことになります。

軽自動車の廃車手続きの必要書類

  • 車検証
  • 申請書(OCR)
  • 手数料納付書
  • 税申告書
  • 申請依頼書…代理手続きの場合
  • ナンバープレート

これら以外にも状況によって必要となる書類があります。申請依頼書は以下からダウンロードできます

 

 

軽自動車の廃車手続きの手数料と注意事項

廃車手続きの手数料は350円です。
当サイトでご紹介する必要書類等は一般的な手続きに必要となるものです。以下のような場合については、別途書類が必要となることがございます。ご自身で手続きされる場合は事前に申請先にご確認いただくようお願いします。なお、事業用自動車の場合は手続きが異なります。

  • 所有者と使用者が異なる場合
  • 車検証の住所と現住所が異なる場合
  • 未成年者の場合
  • その他提出を求められる場合

【車の名義変更の方法】
車の名義変更は滋賀県長浜市の
行政書士かわせ事務所へ

自動車登録の窓口

普通車の移転登録、変更登録、一時抹消は近畿運輸局滋賀運輸支局で手続きをします。軽自動車の名義変更、住所変更、廃車手続きは軽自動車検査協会滋賀事務所で手続きをします。

 

どちらも同じ敷地内にあり、車検の検査場もあります。ご自身で手続きをされる場合は必要書類等を持参して手続きをします。各手続きによって流れは若干異なりますが、大まかには以下のような流れです。

  1. ナンバープレートを返納
  2. 手数料分の証紙を購入
  3. 受付窓口へ提出
  4. 新しい車検証等を受領
  5. 税申告の手続き
  6. ナンバープレートを購入

普通車の手続き

自動車保管場所証明はお住まいの地域を管轄する警察署へ申請しますが、普通車の名義変更はどこでやるかといえば、滋賀県守山市の近畿運輸局滋賀運輸支局というところです。滋賀ナンバーの手続きはすべてここということになります。

 

近畿運輸局滋賀運輸支局 
【所在地】滋賀県守山市木浜町2298番地の5
【電話番号】050(5540)2064 ※オペレーターに繋ぐには「037」を押しましょう
【休日】土・日・祝日・12月29日から1月3日
【受付時間】8:45〜11:45 《お昼休みを挟む》 13:00〜16:00

 

軽自動車の手続き

軽自動車の名義変更は、滋賀県守山市の軽自動車検査協会滋賀事務所です。普通車の手続きをする近畿運輸局滋賀運輸支局のお隣で、建物も繋がっています。

 

軽自動車検査協会滋賀事務所
【所在地】滋賀県守山市木浜町2298番地の3
【電話番号】050-3816-1843
【休日】土・日・祝日・12月29日から1月3日
【受付時間】8:45〜11:45 《お昼休みを挟む》 13:00〜16:00

 

どちらも、毎年3月はものすごく混雑します。自動車税は毎年4月1日時点の所有者に課されますので、3月中に車の名義変更や抹消をしておかなければならないためです。よって、この時期のご依頼は1日仕事となるため、割増料金が発生します。

【出張封印】
車の名義変更は滋賀県長浜市の
行政書士かわせ事務所へ

普通車の封印制度

普通車の場合、後ろのナンバープレートの左側のビスに各管轄運輸支局による封印を施します。普通車の自動車登録の手続きには実印と印鑑登録証明書が必要となっており、軽自動車と比べると、根拠法規が異なるため厳格な取扱いです。

 

よって、ナンバープレートも勝手に付け替えができないように封印されます。ナンバープレートの変更がある手続きの場合、運輸支局での手続きのあとで係員に封印をしてもらわなければなりません。つまり、自分の車を運輸支局に持ち込むことになります。

 

なお、軽自動車には封印制度はありませんのでご自身でナンバープレートの付け替えをすることもできます。

 

行政書士の出張封印

一定の条件を満たして出張封印に対応にしている行政書士に依頼をすると、行政書士が手続き後に新しいナンバープレートに付け替えて車の保管場所で封印を施します。これを出張封印といいますが、すべての行政書士が出張封印できるわけではありません。

 

当事務所は出張封印に対応しているので、ご依頼いただければ封印もいたします。ただし、字光式ナンバーや法令違反のナンバーカバー、特殊ビスによる取付けをしたナンバープレートの場合は出張封印をすることができませんのでご注意願います。