販売店様からの車庫証明のご依頼 | 滋賀県長浜市・彦根市の行政書士かわせ事務所

長浜市・彦根市の車庫証明代行(販売店専用)サイトへ

ディーラー様、販売店様、行政書士様からのご依頼は車庫証明(販売店専用)ページをご覧下さいませ。

 

車庫証明 | 滋賀県長浜市・彦根市の行政書士かわせ事務所

車庫証明とは | 長浜市・彦根市を中心に車庫証明

車庫証明とは、普通自動車の保管場所を証明する書類を取得することです。車庫証明書は、新車購入や中古車の売買・譲渡などで発生する新規登録や移転登録の際に必要です。車庫証明は、受領も含めて2回、管轄の警察署へ平日に行かなければならず、書類作成も必要です。時間が無い方や、書類作成や手続きが面倒な方は、自動車整備工場併設で車庫証明に精通している当事務所にお任せ下さい。長浜市・彦根市・米原市は均一料金です。軽自動車の車庫証明(届出)対象地域は、彦根市、草津市、大津市(一部地域除く)です。

 

事務所ご案内 | 滋賀県長浜市・彦根市の行政書士かわせ事務所

8つの安心で選ばれています | 長浜市・彦根市を中心に車庫証明

特長1上位資格の特定行政書士のイメージ画像 車庫証明は長浜市・彦根市の行政書士かわせ事務所

特長2土日祝もご予約OKのイメージ画像 車庫証明は長浜市・彦根市の行政書士かわせ事務所

特長3スピード対応のイメージ画像 車庫証明は長浜市・彦根市の行政書士かわせ事務所

特長4出張訪問OKのイメージ画像 車庫証明は長浜市・彦根市の行政書士かわせ事務所

特長5明朗会計システムのイメージ画像 車庫証明は長浜市・彦根市の行政書士かわせ事務所

特長6転送電話のイメージ画像 車庫証明は長浜市・彦根市の行政書士かわせ事務所

特長7他士業ネットワークのイメージ画像 車庫証明は長浜市・彦根市の行政書士かわせ事務所

 特長8守秘義務遵守のイメージ画像 車庫証明は長浜市・彦根市の行政書士かわせ事務所

行政書士ご紹介 | 長浜市・彦根市を中心に車庫証明

長浜市・彦根市の行政書士かわせ事務所 代表者画像

所属 滋賀県行政書士会 第16251964号
代表 特定行政書士/入国管理局申請取次行政書士 川瀬規央
性格 生真面目なA型、かなり気さく
座右の銘 Festina lente(ゆっくり急げ)
仕事心得 準備を失敗することは失敗のための準備をしたことに等しい

事務所アクセス | 長浜市・彦根市を中心に車庫証明

事務所名 行政書士かわせ事務所
郵便番号 〒526-0831
所在地 滋賀県長浜市宮司町1126-1
TEL 0749-53-3180
FAX 0749-53-3182
営業時間 平日9:00〜17:00

 

車庫証明の料金ご案内 | 滋賀県長浜市・彦根市の行政書士かわせ事務所

状況により、記載の報酬額とは異なる場合もございます。長浜市、彦根市、米原市の車庫証明の報酬はは均一料金です。

 

 

 

 

 

↓業務に関する解説と知識の目次です。下へスクロールすれば全てを順にご覧いただけます。

 

車庫証明の取り方とは | 滋賀県長浜市・彦根市の行政書士かわせ事務所

販売店様からの車庫証明のご依頼は「車庫証明代行(販売店様専用)ページ」をご覧下さいませ

車庫証明の取り方の流れ | 長浜市・彦根市を中心に車庫証明

車庫証明の取り方とは、以下の流れのとおりです。最低でも平日に2回、管轄の警察署に足を運ばなくてはなりません。お時間がない方、面倒な方は、当事務所に車庫証明の代行・代理をお任せ下さい。

(1)警察署へ車庫証明の申請書一式をもらいに行く

申請しようとする管轄警察署で車庫証明の申請書(4枚複写)や必要書類をもらえます。下記より無料でダウンロードできますのでご利用下さい。

(2)申請書類を作成する

車庫証明の申請に必要な車庫証明申請書、自認書もしくは保管場所使用承諾証明書、所在図・配置図などを作成しましょう。それぞれの書き方については後でご紹介しています。車庫証明申請書を作成する際は車検証を準備しましょう。

(3)申請書類一式を管轄の警察署へ提出する

車庫証明は管轄の警察署へ申請します。管轄については後でご紹介しています。長浜市は長浜警察署と木之本警察署の区分がありますので事前に確認しておきましょう。警察署で手数料を証紙で納め、車庫証明窓口で申請書類を提出します。証紙に割印するため印鑑を持参しましょう

(4)受付票を受け取る

車庫証明の申請が受理されたら、交付予定日が記載された受付票を受け取ります。交付するまで大切に保管しましょう。警察署で受領のあと、調査員が実際に、申請した保管場所へ行って確認します。申請後は保管場所に車輌を駐車しないようにしましょう。ただし、乗りかえとして記載した車両は駐車しておいても構いません。

車庫証明の受付票サンプル画像 車庫証明は長浜市・彦根市の行政書士かわせ事務所

(5)車庫証明書の受領

交付予定日以降に管轄の警察署へ行き、受付票と引き換えに車庫証明書を受領。印鑑を持参しましょう。なお、車の売買や譲渡の場合、取得した車庫証明書は移転登録の際に必要です。車庫証明書は発行日から40日間が使用期限なので早めに移転登録などの手続きを済ませましょう。移転登録については車の名義変更のページをご覧下さい。

車庫証明の受付時間 | 長浜市・彦根市を中心に車庫証明

車庫証明の受付は月曜日〜金曜日(祝日および年末年始閉庁日を除く)の午前8時30分から午後5時15分までとなっています。車庫証明業務は平日のみです。証紙の購入が必要な申請時は午後5時までに行くのがベストです。

 

車庫証明代行【販売店様専用】

 

車庫証明は長浜市・彦根市の行政書士かわせ事務所

 

車の名義変更は長浜市・彦根市の行政書士かわせ事務所

 

滋賀県長浜市・彦根市の行政書士かわせ事務所

 

長浜・米原・彦根の管轄警察署 | 滋賀県長浜市・彦根市の行政書士かわせ事務所

販売店様からの車庫証明のご依頼は「車庫証明代行(販売店様専用)ページ」をご覧下さいませ

木之本警察署の車庫証明管轄 | 長浜市・彦根市を中心に車庫証明

【木之本警察署の所在地】
滋賀県長浜市木之本町木之本1536
【木之本警察署の管轄】
長浜市木之本町、長浜市高月町、長浜市西浅井町、長浜市余呉

長浜警察署の車庫証明管轄 | 長浜市・彦根市を中心に車庫証明

【長浜警察署の所在地】
滋賀県長浜市八幡中山町300
【長浜警察署の管轄】
長浜市朝日町、長浜市勝町、長浜市鐘紡町、長浜市神照町、長浜市川崎町、長浜市祇園町、長浜市湖北町、長浜市地福寺町、長浜市新庄寺町、長浜市新庄中町、長浜市神前町、長浜市高田町、長浜市宮司町、長浜市八幡中山町、長浜市八幡東町など、木之本警察署管轄を除く長浜市

米原警察署の車庫証明管轄 | 長浜市・彦根市を中心に車庫証明

【米原警察署の所在地】
滋賀県米原市米原1092
【米原警察署の管轄】
米原市

彦根警察署の車庫証明管轄 | 長浜市・彦根市を中心に車庫証明

【彦根警察署の所在地】
滋賀県彦根市古沢町660-3
【彦根警察署の管轄】
彦根市、犬上郡多賀町、犬上郡豊郷町、犬上郡甲良町 
※彦根市は軽自動車の車庫証明(届出)が必要な地域です

 

 

車庫証明代行【販売店様専用】

 

車庫証明は長浜市・彦根市の行政書士かわせ事務所

 

車の名義変更は長浜市・彦根市の行政書士かわせ事務所

 

滋賀県長浜市・彦根市の行政書士かわせ事務所

 

 

 

 

車庫証明の費用とは | 滋賀県長浜市・彦根市の行政書士かわせ事務所

販売店様からの車庫証明のご依頼は「車庫証明代行(販売店様専用)ページ」をご覧下さいませ

車庫証明の手数料 | 長浜市・彦根市を中心に車庫証明

車庫証明の費用とは、警察署に納める手数料及び車庫証明の代行・代理を行政書士に依頼される場合の報酬です。車庫証明の取得にかかる手数料は、証明手数料と標章交付手数料です。ご自身で車庫証明を取得される場合はこの費用だけです。これらの手数料は都道府県によって多少の違いがあります。下記の車庫証明手数料の金額は滋賀県のケースです。

  • 証明手数料2,150円(軽自動車届出は不要)
  • 標章交付手数料 580円

費用の証明手数料と標章交付手数料は収入証紙で納めます。収入証紙は署内で購入できます。大抵は車庫証明の受付窓口近くで販売されています。ご自身で車庫証明の申請をされる際は、受付窓口で申請書等を確認してもらってから購入するのがベストです。
受付の担当者が車庫証明の申請書に収入証紙を貼り付けてくれるので、持参した印鑑で割り印をします。

車庫証明の料金(報酬) | 長浜市・彦根市を中心に車庫証明

車庫証明の代行・代理を当事務所にご依頼の場合、上記手数料に加えて報酬のお支払いが必要です。当事務所の報酬は下記ページからご確認下さい。

 

車庫証明の料金(報酬)

 

当事務所は長浜市・米原市・彦根市は均一料金です。なお、申請書作成、所在図配置図作成は別途3,000円(税別)が加算されます。

 

車庫証明代行【販売店様専用】

 

車庫証明は長浜市・彦根市の行政書士かわせ事務所

 

車の名義変更は長浜市・彦根市の行政書士かわせ事務所

 

滋賀県長浜市・彦根市の行政書士かわせ事務所

車庫証明の必要書類とは | 滋賀県長浜市・彦根市の行政書士かわせ事務所

販売店様からの車庫証明のご依頼は「車庫証明代行(販売店様専用)ページ」をご覧下さいませ

車庫証明の申請書 | 長浜市・彦根市を中心に車庫証明

車庫証明の申請書の様式は、都道府県ごとに様式が違いますが、長浜市、彦根市、米原市ともに他府県の様式でも使用できます。4枚綴りの様式がほとんどだと思います。複写になっていますので強めに記入し、4枚すべてに押印しなければなりません。警察署へ行けばもらえますが、下記より無料でダウンロードもできます。

保管場所使用権原の書類 | 長浜市・彦根市を中心に車庫証明

保管場所として車庫証明を申請する場所の、使用権原を証明する書類として、以下のどちらかの書類を作成して提出します。保管場所の所有者が申請者なのか、申請者以外の方なのかで作成する書類が異なります。

自分の土地又は建物を保管場所とする場合

保管場所使用権原疎明書類(自認書)を作成します。自認書なので申請者=保管場所の所有者です

他人の土地又は建物を保管場所とする場合

保管場所使用承諾証明書を作成します。駐車場所の所有者に書いてもらいましょう。同居家族が所有者の場合は、その方の使用承諾証明書が必要になります。自認書を使用するのは、本人名義の場合のみです

車庫証明の地図 | 長浜市・彦根市を中心に車庫証明

保管場所の図で、いわゆる「車庫証明の地図」というものです。書式の左半分が所在図、右半分が配置図になっています。貸し駐車場等のように使用の本拠(自宅等)から離れている場合もありますが直線距離で2km以内なら認められます。

車庫証明の委任状 | 長浜市・彦根市を中心に車庫証明

必須ではありません。車庫証明の代理を委任される方は委任状が便利です。委任状がなければ車庫証明の「代行」なので、申請書等に訂正が必要な場合は申請者の訂正印が必要です。委任状があれば車庫証明の「代理」なので、申請書等の軽微な訂正は代理人の訂正印で訂正できます。車庫証明のご依頼の際は委任状の使用をおすすめします。

 

車庫証明代行【販売店様専用】

 

車庫証明は長浜市・彦根市の行政書士かわせ事務所

 

車の名義変更は長浜市・彦根市の行政書士かわせ事務所

 

滋賀県長浜市・彦根市の行政書士かわせ事務所

車庫証明の書き方とは | 滋賀県長浜市・彦根市の行政書士かわせ事務所

販売店様からの車庫証明のご依頼は「車庫証明代行(販売店様専用)ページ」をご覧下さいませ

申請書の書き方 | 長浜市・彦根市を中心に車庫証明

車庫証明の書き方とは、申請書、保管場所証明書類、所在図・配置図に分かれます。ここでは、それぞれをご紹介します。

車庫証明記載例 車庫証明は長浜市・彦根市の行政書士かわせ事務所

@ 車名
トヨタ、スズキなど「メーカー」を記入します。車名と記載されていても、プリウスやハスラーなど世間一般的にいう車名ではありません。ちなみに車検証も同様の記載になっていますので車検証を見ながら記入すれば間違えないと思います。
A 形式
E-JA22W等、車検証に記載されているとおりに記入します。Bの車台番号を間違えて記入しないようにしましょう。
B 車台番号
車両1台ごとに振り当てられている番号です。車検証やボディに打刻されています。実際に車のボンネットを開けて確認しなくても車検証にも記載されていますので、車検証を見ながら記入しましょう。アルファベットは下のマス目にチェックしましょう。メルセデスなどの外車は国産車よりも番号が長いので注意が必要です。ここを間違えても車庫証明書は発行されますが、運輸支局での新規登録や移転登録の際に、車検証上の車台番号と異なる状態になるため登録できなくなります。慎重に記入しましょう。
C 自動車の大きさ
長さ、幅、高さです。車検証に記載されている寸法のとおりに記入しましょう。実際に測った数値ではありません。保管場所はこの寸法よりも大きくなければなりません。
D 自動車の使用の本拠の位置
自動車を使用するにあたり、居住や業務従事する本拠としての場所を記入します。駐車する場所ではありません。一般的には自宅、法人は所在地や支店所在地です。
E 自動車の保管場所の位置
自動車を駐車する場所を記入します。Dの自動車の使用の本拠の位置から直線距離で2km以内でなければなりません。自宅に駐車する場合でも「同上」と記入するのはNGです。車庫証明取得後に、車を新規登録したり移転登録、変更登録することになりますが、手続き後に発行される車検証の保管場所の欄には、ここに記入した場所が記載されます。
F 保管場所標章番号
ここは空白(省略)で結構です。
G 管轄警察署
管轄警察署の名称を記入しましょう。長浜市の場合、車庫証明の管轄警察署は長浜警察署と木之本警察署に分かれますので確認しましょう。
H 申請年月日
申請する日の年月日を記入します。ここは、窓口の担当者にOKをもらってからその場で記入するのがおすすめです。
I 申請者
自動車の所有者(名義人)の住所を住民票のとおりに記入します。法人の場合は、法人の所在地、法人名、代表者等を記入します。4枚綴りになっているので、押印は4枚すべてにします。
J 乗り換え車両
乗り換え車両がある場合、登録番号(ナンバープレート)と車台番号を記入しましょう。収容可能台数を超えて許可は下りません。乗り換え車輌がある場合(普通車)は、申請時点でその車輌が警察署にデータ登録されているということです。記載しておけば乗り換えであることがわかるため、収容可能台数を超えないということです。
K 連絡先
問合せに対して答えることが出来る連絡先を記入しましょう。当事務所に車庫証明の代行・代理をご依頼される場合、連絡先は当事務所にいたしますのでご安心下さい。

書き損じたときは、訂正印が必要です。車庫証明の書類は、修正液や砂消しゴムは使用不可です。また、消せるボールペンも使用できません

 

保管場所書類の書き方 | 長浜市・彦根市を中心に車庫証明

車庫証明の保管場所書類は、保管場所として使用できる所有権や賃借権といった権原を有していることを証明するための書類です。保管場所の所有者が申請人の場合は自認書です。一方、所有者が申請人以外の場合は使用承諾証明書です。同居のご家族のように申請人以外の方が所有者の場合は使用承諾証明書を提出しなければなりません。

自認書記載例 車庫証明は長浜市・彦根市の行政書士かわせ事務所

車庫証明の自認書・使用承諾証明書の書き方

@ 自認書または使用承諾書
自認書、使用承諾書どちらかにチェックを入れます
A 保管場所の位置
保管する場所の住所番地を記入します
B 駐車場名・番号
賃貸駐車場で名称がある場合には駐車場名を記入しましょう。集合住宅、集合駐車場で番号が振られている場合は記入しましょう
C 使用者の住所・氏名・電話番号
その保管場所と使用する方の住所・氏名・電話番号を記入しましょう。車庫証明申請書の申請者欄に記入した住所・氏名・電話番号と同じです
D 使用期間
使用する期間を記入しましょう一般的には2年です
E 保管場所の所有者・管理者
保管場所の所有者や管理者です。自認書の場合は車庫証明の申請者と同じです

 

賃貸住宅の場合は、大家さん又は不動産会社(貸主)に書いてもらいましょう。3,000円程度かかる場合もあります。使用承諾証明書は、承諾者本人が記載しなければならない定めとなっています。賃貸の場合は使用承諾証明書ではなく、賃貸借契約書で代用できる場合もありますが一定のルールがあるため事前に確認しましょう。

 

車庫証明の地図の書き方 | 長浜市・彦根市を中心に車庫証明

左側が所在図、右側が配置図です

自認書記載例 車庫証明は長浜市・彦根市の行政書士かわせ事務所

@所在図の書き方

いわゆる車庫証明の地図です。自宅等以外の保管場所の場合は、自宅等から保管場所を直線で結んで距離を記入します。直線距離で2km以内とされています。法人の営業所や支店などは商業登記簿謄本や公共料金の領収書、消印がある郵便物などで証明することになります。所在図は道路、交差点、公共施設、信号機、方位マークなどを記入します。地図のコピーを別紙添付することもできます。ただし、地図の使用権には念のため注意しましょう。

A配置図の書き方

道路から保管場所へ支障なく出入りすることができ、車両全体が保管場所に収容できることを示す必要があります。敷地、自宅、駐車スペースの寸法を記入しましょう。マンションやアパートの駐車場で、枠番号がある場合は記入します。広い駐車場で場所が決まっていないような場合は「敷地位置指定なし」と記入します。接する道路の幅員や、駐車場の出入口の幅員を記入します。
車庫証明は決済前に調査員による現地確認があります。実際に駐車できるか、許可できるかを調査員が確認します。乗りかえ車両として記載した車両以外は駐車しないようにしておきましょう。

 

車庫証明代行【販売店様専用】

 

車庫証明は長浜市・彦根市の行政書士かわせ事務所

 

車の名義変更は長浜市・彦根市の行政書士かわせ事務所

 

滋賀県長浜市・彦根市の行政書士かわせ事務所

軽自動車の車庫証明とは | 滋賀県長浜市・彦根市の行政書士かわせ事務所

販売店様からの車庫証明のご依頼は「車庫証明代行(販売店様専用)ページ」をご覧下さいませ

軽自動車は届出制 | 長浜市・彦根市を中心に車庫証明

軽自動車の車庫証明とは、保管場所届出です。普通車は、その登録に関する定めが不動産登記法をベースになっており、新規登録や移転登録の際には車庫証明書が必須ですが、軽自動車の場合は新規登録や名義変更の際も車庫証明書は不要です
ただし、各都道府県で定められた地域については届出をしなければなりません。普通車が、登録の前に車庫証明を取得しなければならないのに対して軽自動車は登録や名義変更の手続きの際に車庫証明書は不要のため、手続き後に届出をします。軽自動車は車庫証明として保管場所を証明してもらうのではなく、保管場所を届け出る届出書ということです。
滋賀県で軽自動車の車庫証明(届出)が必要な地域は彦根市、草津市、大津市(一部地域除く)です。

軽自動車の車庫証明の取り方 | 長浜市・彦根市を中心に車庫証明

軽自動車の車庫証明(届出)の取り方は、普通自動車の場合とほとんど同じです。

(1)警察署へ車庫証明の届出書一式をもらいに行く

軽自動車の保管場所届出書は3枚綴りになっています。普通自動車の車庫証明の申請書は4枚綴りですが、1枚少なくなっています。警察署へ行けばもらえますが、以下より無料ダウンロードできますのでご利用下さい。

(2)届出書類を作成する

自認書もしくは保管場所使用承諾証明書、保管場所届出書、所在図・配置図などを作成しましょう。それぞれの書き方については普通車とほぼ同じなのでそちらのページでご確認下さい。なお、届出書を作成する際は車検証が必要なので準備しましょう。

(3)届出書類一式を管轄の警察署へ提出する

管轄の警察署で届出します。印鑑を持参しましょう。

(4)保管場所標章番号通知書の受領

保管場所標章番号通知書を受け取ります。普通車のような車庫証明書は届出のためありません。この通知書を控えとして保管しておきましょう。なお、彦根市は届出日の翌日以降に受け取れます。

車庫証明(届出)の受付時間 | 長浜市・彦根市を中心に車庫証明

車庫証明の受付は月曜日〜金曜日(祝日および年末年始閉庁日を除く)の午前8時30分から午後5時15分までとなっています。車庫証明業務は平日のみです。

車庫証明(届出)の必要書類 | 長浜市・彦根市を中心に車庫証明

軽自動車の場合は許可制ではなく届出制です。自動車(普通車)の車庫証明とほぼ同様ですので車庫証明(普通車)の記載部分をご参照ください。
彦根市・草津市・大津市(一部地域除く)が軽自動車の車庫証明(届出)適用地域になっています。上記地域以外から適用地域に使用の本拠の位置を変更したときも届出が必要になりますのでご注意下さい。

車庫証明(届出)の費用 | 長浜市・彦根市を中心に車庫証明

保管場所届出の費用は、標章交付手数料の580円だけです。届出なので証明手数料は不要です。
車庫証明(届出)の代行・代理を当事務所にご依頼の場合、上記手数料に加えて報酬の支払いが必要です。当事務所の報酬は下記ページからご確認下さい。

 

車庫証明の料金(報酬)

 

なお、申請書作成、所在図配置図作成は別途3,000円(税別)が加算されます。

 

車庫証明代行【販売店様専用】

 

車庫証明は長浜市・彦根市の行政書士かわせ事務所

 

車の名義変更は長浜市・彦根市の行政書士かわせ事務所

 

滋賀県長浜市・彦根市の行政書士かわせ事務所