こんなお悩みを解決します | 滋賀県長浜市・彦根市の行政書士かわせ事務所

許認可と書類作成 | 長浜市・彦根市を中心に許認可と書類作成

  • 建設業許可、農地転用、外国人ビザなどの許可を取得したい
  • 車庫証明や名義変更など車の手続きをしたいが時間がない
  • 離婚相談と離婚協議書作成、男女関係の書類を作成して欲しい
  • 遺言書の作成、相続の手続き、遺言セミナーの講師を頼みたい
  • 定款、内容証明、契約書、誓約書などの書類を作成して欲しい

できることイメージ画像 滋賀県長浜市・彦根市の行政書士かわせ事務所

8つの安心で選ばれています | 長浜市・彦根市を中心に許認可と書類作成

  1. 長浜市で唯一、上位資格の特定行政書士。滋賀県ではわずか数%です
  2. 土日祝・夜間もご予約OKだから平日はお仕事の方も安心してご相談可能
  3. 明朗会計システムでお支払に対する不安を無くし、常に公平公正な料金設定
  4. 出張相談・出張訪問OK。長浜市・彦根市・米原市の出張費は原則無料
  5. 卓越したパソコンスキルで超速のスピード対応。最短でお悩みを解決します
  6. 事務所不在時も留守電ではなく、スマホへ転送されるのでほぼ繋がります
  7. 弁護士、司法書士、税理士等、他士業との提携ネットワークで円滑な対応
  8. 国家資格者の行政書士は守秘義務遵守なのでデリケートな内容でも安心です

 

 

主な取扱業務 | 滋賀県長浜市・彦根市の行政書士かわせ事務所

建設業許可ページの画像 滋賀県長浜市・彦根市の行政書士かわせ事務所

農地転用ページの画像 滋賀県長浜市・彦根市の行政書士かわせ事務所

離婚相談・離婚協議書ページの画像 滋賀県長浜市・彦根市の行政書士かわせ事務所

相続ページの画像 滋賀県長浜市・彦根市の行政書士かわせ事務所

ビザ申請ページの画像 滋賀県長浜市・彦根市の行政書士かわせ事務所

車の名義変更ページの画像 滋賀県長浜市・彦根市の行政書士かわせ事務所

 

滋賀県長浜市・彦根市の車庫証明(販売店専用)サイトへ

 

 

業務の流れ | 滋賀県長浜市・彦根市の行政書士かわせ事務所

業務の流れ1 滋賀県長浜市・彦根市の行政書士かわせ事務所

土日祝・夜間もご予約OKです
かなり気さくなのでご安心下さい

業務の流れ2 滋賀県長浜市・彦根市の行政書士かわせ事務所

状況のヒアリングや要件確認をします
明朗会計システムで御見積りします

業務の流れ3 滋賀県長浜市・彦根市の行政書士かわせ事務所

委任契約と報酬受領をもって業務着手
書面・図面の作成や申請・届出

業務の流れ4 滋賀県長浜市・彦根市の行政書士かわせ事務所

官公署の立会い対応や許可証の受領
許可証や作成書類を納品して完了

 

 

事務所ご案内 | 滋賀県長浜市・彦根市の行政書士かわせ事務所

事務所アクセス | 長浜市・彦根市を中心に許認可と書類作成

事務所名 行政書士かわせ事務所
所在地 〒526-0831 滋賀県長浜市宮司町1126-1
TEL/FAX 0749-53-3180 / 0749-53-3182
営業時間 平日 9:00〜17:00

行政書士ご紹介 | 長浜市・彦根市を中心に許認可と書類作成

 

滋賀県長浜市・彦根市の行政書士かわせ事務所 代表者画像

所属 滋賀県行政書士会 第16251964号
代表 特定行政書士/入国管理局申請取次行政書士 川瀬規央
性格/座右の銘 生真面目なA型、かなり気さく / Festina lente(ゆっくり急げ)
仕事心得 準備を失敗することは失敗のための準備をしたことに等しい

受任エリア | 長浜市・彦根市を中心に許認可と書類作成

長浜市、彦根市、米原市、犬上郡多賀町、犬上郡豊郷町、犬上郡甲良町、愛知郡愛荘町、東近江市、近江八幡市、蒲生郡日野町、蒲生郡竜王町、野洲市、守山市、栗東市、草津市、湖南市、甲賀市、大津市、高島市。なお、長浜市・彦根市・米原市については原則として日当・交通費はいただいておりません。

 

 

料金(報酬額)のご案内 | 滋賀県長浜市・彦根市の行政書士かわせ事務所

主な取扱業務の基準報酬額です。「明朗会計システム」もご紹介しています。ご依頼の際はお見積もりをします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

行政書士とは | 滋賀県長浜市・彦根市の行政書士かわせ事務所

許認可と書類作成の専門家 | 長浜市・彦根市を中心に許認可と書類作成

行政書士、司法書士、社労士、弁護士など各士業が取り扱う業務には独占業務もあり、いわば「ナワバリ」のようなものがあります。その中で行政書士はというと、一言で言えば「許認可と書類作成の専門家」です。そんな行政書士業務は3つに区分することができます。

官公署に提出する書類の作成とその代理、相談業務

官公署に提出する書類は、そのほとんどが許認可に関するもので、その数は数千種類を超えるとも言われており、非常に多岐にわたっています。行政書士はそれぞれが主な取扱業務を決めています。

数千種類を超える書類があるため、申請したことがない、作成したことがない書類もございます。行政書士は日頃から「要件を満たすための調査力」を研鑽しており、素早く対応いたします。「業」として書類作成をして官公署に提出できるのは行政書士のみです。行政書士ではない者が行うと違法行為となります。

権利義務に関する書類の作成とその代理、相談業務

これらは権利の発生、存続、変更、消滅の効果を生じさせることを目的とする意思表示を内容とする書類です。主なものとしては、遺産分割協議書、各種契約書(贈与、売買、消費貸借、使用貸借、賃貸借、委任、和解)、念書、示談書、協議書、内容証明、始末書、定款などです。

これらは身近な、かつ重要な書類ですが、作成するには法的な知識が必須です。このような書類は民法を中心とし、市民法務とも呼ばれているものです。

また、訴訟の準備書面などは弁護士のみが作成・提出できます。行政書士は紛争状態にならないための「予防法務」としての書類を作成します。まさに「転ばぬ先の杖」であり、「街の法律家」といわれる由縁です。

事実証明に関する書類の作成とその代理、相談業務

これらは皆様の実生活に交渉を有する事項を証明するに足りる文書をいいます。主なものとしては、実地調査に基づく各種図面類(位置図、案内図、平面図等)、各種議事録、会計帳簿、財務諸表、申述書などです。

こういった図面や書類は、単独で作成依頼をされるのではなく、申請に必要な添付書類として作成するものがほとんどです。例えば、農地転用や風俗営業許可では、正確な図面を作成し、申請書などの書類と一緒に提出します。建設業許可では決算書を参考に建設業許可専用の財務諸表を作成します。

許認可申請の場合、それぞれの官公署が指定する図面や書類を作成しなければならず、経験と知識、スキルがなければとても困難ですので、行政書士にお任せいただくことをおすすめします。

 

特定行政書士とは | 長浜市・彦根市を中心に許認可と書類作成

特定行政書士は、行政書士の上位資格です。行政書士として都道府県の行政書士会に登録された者が、最新の行政法や訴訟の要件事実、倫理についての研修を積み、考査試験にパスした者が特定行政書士になります。

行政法は度々改正されているため、行政書士として日々の業務をこなしていても、最新の法令に関する出題のため、経験がある行政書士なら合格できるというわけではありません。
特定行政書士なら許認可の申請だけではなく、弁護士にしか認められていなかった不許可時の不服申立ての代理も可能ですので、申請から不服申立てまで一貫してお任せいただけます。