契約書などの作成 | 滋賀県長浜市・彦根市の行政書士かわせ事務所

滋賀県の長浜市、彦根市、米原市、犬上郡、愛知郡、東近江市、近江八幡市、蒲生郡、野洲市、守山市、栗東市、草津市、大津市、湖南市、甲賀市、高島市で契約書などの作成を承ります。長浜市で唯一の特定行政書士、土日祝もご予約OKの安心相談窓口

 

契約書作成の業務 | 滋賀県長浜市・彦根市の行政書士かわせ事務所

滋賀県長浜・彦根で契約書なら行政書士かわせ事務所

念書、誓約書、合意書、契約書などの重要な書類を作成します。なお、行政書士法に定められているとおり、紛争状態にある場合は受任することができません。


契約書で紛争予防

土地、建物等の不動産賃貸借や金銭の消費貸借等を行う場合は、口約束ではなく、書面に残しておくことにより後々の紛争予防になります。

 

当事者が作成した書面に必要な項目が無ければ、後にこれが元で紛争になってしまう事も考えられます。法定の用件をおさえた契約書の作成が大切です。

 

その他契約書等の例

  • 各種契約書
  • 念書
  • 始末書
  • 和解書
  • 合意書 など

 

婚前契約書もお任せ下さい

海外の影響によって日本でも婚前契約書を作成するカップルが増えています。当事務所ではしっかりヒアリングさせていただき、ご要望に沿った婚前契約書を作成いたします。

婚前契約書の作成

 

契約書作成の費用 | 滋賀県長浜市・彦根市の行政書士かわせ事務所

契約書作成の料金(報酬)については料金のご案内ページでご紹介しております。状況により、記載の報酬額とは異なることもございます。ご依頼の際は契約前にしっかりお伝えいたします。

 

 

 

婚前契約書 | 滋賀県長浜市・彦根市の行政書士かわせ事務所

婚前契約書とは

欧米ではすでに多くの方が作成するといわれているプレナップです。プリナップ、結婚契約書ともいわれています。婚前契約書は、結婚するにあたり、事前にお互いの決め事や約束事を契約にすることです。

 

事細かく、多くの事柄を契約として締結し、がんじがらめになるというイメージがあるかもしれません。婚前契約書を作成する方の多くは、結婚生活をより円満に継続していくために作成し、はっきりさせたいという目的です。お互いに目標やルールを共有し、してはいけないことに対する抑止力としても効果があります。

婚前契約書はいつ作成するのか

民法754条では、夫婦間の約束はいつでも解除できると定められています。ただし、夫婦関係が破綻していると認められる状態では解除できないとされています。法的に夫婦の状態ではなく、実態としての夫婦関係が重視されるのです。

 

よって、婚前契約書は婚姻前、つまり婚姻届を提出する前に作成しなければならないことになります。婚前契約書という呼び名ですとイメージしやすいですが、結婚契約書という呼び名では結婚後に作成するものと勘違いしてしまう恐れがあります。

婚前契約書で契約できる事柄

結婚されるお二人で合意の上、どんな内容でも契約できます。ただし、公序良俗に反する内容については無効となるため婚前契約書に盛り込むことはできませんので注意が必要です。

 

一般的には以下のような事柄について契約します

  • お互いの理念の共有、誓い
  • お金に関すること
  • 生活の場所に関すること
  • 家事に関すること
  • 仕事に関すること
  • 子に関すること
  • 離婚に関すること    など

 

契約の効力

夫婦間の契約は、第三者からの請求は拒めません。お二人の間でのみ有効である契約だと考えることが出来ます。また、例えば、婚前契約書に定めてあるから万が一、離婚した場合でもその契約内容が全て履行されるということでもありません。一定の流れに沿って履行を請求することになります。

 

まず婚前契約書のご相談を

婚前契約書は一般的な契約書とは異なり、当事者間の個別具体的な契約内容ばかりになります。当事務所にお任せいただければ、しっかりヒアリングさせていただき、お二人の「想い」を書面にいたします。

 

まず、ご相談にお越し下さいませ。より詳しく婚前契約書についてご説明させていただきます。