契約書作成は滋賀県長浜市の行政書士かわせ事務所

契約書作成

滋賀県長浜市の行政書士かわせ事務所

長浜市、彦根市を中心とする滋賀の行政書士かわせ事務所。お金の貸し借りや駐車場の契約などの契約書、合意書や念書など様々な書類作成を承ります。

Best & Fair
最高のサービスをいつも通りに

滋賀県長浜市の行政書士かわせ事務所 代表者近影

長浜市、彦根市を中心とする滋賀の行政書士かわせ事務所。お金の貸し借りや駐車場の契約などの契約書、合意書や念書など様々な書類作成を承ります。

当事務所は行政書士として、より多くの方のお悩みを解決できるよう、たくさんの行政書士業務を取り扱っており、最高のサービスをすべてのご依頼人様に対して公平に提供するよう努めています。

 

また、他所では真似のできない「8つの安心」によってご利用環境を整え、士業独特の敷居の高さを感じさせない気さくな対応でどなた様も相談しやすい行政書士事務所です。「早期相談」が「早期解決」につながりますので、どの士業の業務管轄なのかわからない場合でもお問合せ下さいませ。

契約書作成は滋賀県長浜市の行政書士かわせ事務所 行政書士紹介ページへ

 

 

 

Mission
契約書作成はお任せ下さい

契約書作成 滋賀県長浜市

 

滋賀県長浜市・彦根市が中心の契約書作成イメージ

  • 金銭消費貸借契約書
    知人にお金を貸す場合のいわゆる「借用書」を作成します
  •  

  • 駐車場賃貸借契約書
    駐車場を貸す場合の契約書を作成します
  •  

  • 不動産賃貸借契約書
    土地や建物の賃貸借契約書を作成します

 

離婚協議書の作成は、離婚相談のページをご覧ください

男女問題に関する書類の作成は、男女問題のページをご覧ください

 

 

 

Knowledge
用語と知識

契約書作成 滋賀県長浜市

 

知っておきたい契約書作成の業務に関する用語と知識です。このまま下へスクロールすると、すべてご覧いただけます(推奨)

 

 

 

Strength
8つの安心が特長

契約書作成 滋賀県長浜市

契約書作成は滋賀県長浜市の行政書士かわせ事務所 8つの安心(1)へ
契約書作成は滋賀県長浜市の行政書士かわせ事務所 8つの安心(2)へ
契約書作成は滋賀県長浜市の行政書士かわせ事務所 8つの安心(3)へ

 

 

 

Contact
お問い合わせ

契約書作成 滋賀県長浜市

滋賀県長浜市の行政書士かわせ事務所ロゴ

滋賀県行政書士会 特定行政書士 川瀬規央

滋賀県長浜市八幡中山町318番地15

営業時間:平日9:00〜17:00

契約書作成は滋賀県長浜市の行政書士かわせ事務所 電話問合せのバナー
契約書作成は滋賀県長浜市の行政書士かわせ事務所 WEB問合せのバナー

滋賀県長浜市の行政書士かわせ事務所アクセスマップへ

地図部分をクリック/タップでアクセスへ

契約書作成は滋賀県長浜市の行政書士かわせ事務所 よくある質問へ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

end

金銭に関する契約書作成

契約書作成 滋賀県長浜市

 

金銭消費貸借契約書
契約書作成 滋賀県長浜市

金銭に関する書類は、主にAさんがBさんに金銭を借りるといったようなシーンで作成します。借りる相手や借りる金額にもよりますが、口約束ではトラブルになる危険性があります。

 

騙そうなどという気はなくても勘違いによるトラブルに発展することもあります。お金の貸し借りは口約束ではなく、書面にしておくことで無用なトラブルを防止することができます。

 

一般的に金銭の貸し借りは「借用書」と言われることが多いですが、正しくは「金銭消費貸借契約書」といいます。消費貸借は借りて使ったら返すという意味合いです。

 

金銭消費貸借契約書のポイント
契約書作成 滋賀県長浜市

  • 遅延損害金
    改正民法では法定利率が3%になりました。これは何も定めなかった場合に適用される利率ですので、契約時に約定利率として定めることが一般的です。利息と損害遅延金は利息制限法による規制があるため、超過部分は無効となります。
  • 到達みなし
    改正民法では、相手方が正当な理由なく意思表示の通知の到達を妨げたときは、通常到達すべきであった時に到達したものとみなすと規定されています。

不動産に関する契約書作成

契約書作成 滋賀県長浜市

 

不動産売買・賃借契約書
契約書作成 滋賀県長浜市

土地や建物といった不動産の貸し借りについては、ほとんどの場合は不動産業者を介して行われます。不動産業者は重要事項説明をした上で書類の作成や契約までしてくれます。不動産業者を介さずに個人間で貸し借りをする場合も、勘違いなどによるトラブルを防止するために契約書をしっかり作成しておくことがベストです。

 

土地売買契約書のポイント
契約書作成 滋賀県長浜市

宅地売買のケースの重要ポイントです。

  • 消費税
    土地には消費税はかかりません。また、売買の方法ですが、実測売買か公簿売買かを決めて条項にします。
  • 契約解除
    契約解除に債務者の帰責事由は不要です。
  • 登記・対抗要件
    改正民法では、売主が買主に対して登記その他対抗要件を備えさせる義務を負うことが明文されました。

これらの他にも契約解除の要件、契約不適合、売主の担保責任、危険負担など改正民法では旧民法と比べてかなりの条文変更があります。不動産業者がこれを理解していないと万が一の場合は契約書があったからこそひどい目にあう危険性があります。

 

土地賃貸借契約書のポイント
契約書作成 滋賀県長浜市

建物所有目的のケースの重要ポイントです。

  • 賃貸借の期間制限
    改正民法では、民法上の賃貸借の期間制限が最長50年間になりました。(旧民法では最長20年間)また、建物所有目的の土地賃貸借は、借地借家法が適用されるので借地権の存続期間は原則30年とされています。契約でこれより長い期間を定めた場合は、その期間になります。
    なお、更新料や建物買取請求権も非常に重要です。
  • 賃貸借終了
    滅失等によって使用収益できなくなったとき、賃貸借終了時に賃借人は賃貸人より引き渡しを受けた目的物を賃貸人に返還する等も明文化されました。

贈与に関する契約書作成

契約書作成 滋賀県長浜市

 

贈与契約書
契約書作成 滋賀県長浜市

贈与契約書は、その名のとおり贈与の際に作成する書面です。贈与自体、書面による必要はありません。当事者同士であれば書面ではなく、口約束でも贈与契約は成立します。

 

贈与契約書を作成するということは、当事者以外の人に対して贈与を証するためだといえます。贈与契約書は様々なシーンで作成することが考えられますが、一般的には生前贈与の際に作成することが多いようです。相続対策として有効的である生前贈与も、贈与だと認められなければ遺産されてしまいます。生前贈与の際は贈与契約書を作成することをおすすめいたします。

贈与契約書の作成は「最低限」やるべきことです