こんなお悩みを解決します
滋賀で契約書作成なら長浜市の当事務所へ

滋賀県長浜市 行政書士かわせ事務所の契約書作成イメージ画像

  • 知人にお金を貸すので借用書を作って欲しい
  • 貸駐車場の契約書を作って欲しい
  • 口約束は怖いので誓約書を作って欲しい
  • 書面を作成したいが何をどう書いていいのかわからないのでお願いしたい
  • 子供に生前贈与をしたいので贈与契約書を作成して欲しい
  • 死因贈与契約書を作成して欲しい

 

契約書に関する業務
滋賀で契約書作成なら長浜市の当事務所へ

  • 当事務所で作成する主な書類作成の種類です
  • 金銭消費貸借契約書
  • 連帯保証契約書
  • 示談書(交通事故)
  • 贈与契約書、不動産贈与契約書、負担付贈与契約書
  • 死因贈与契約書
  • 土地売買契約書
  • 農地売買契約書
  • 土地賃貸借契約書
  • 定期借地権設定契約書
  • 地上権設定契約書
  • 地役権設定契約書(通行地役権)
  • 労働条件通知書
  • 雇用契約書
  • 誓約書(入社時)
  • 身元保証契約書
  • 退職合意書
  • 秘密保持誓約書(退社時)

 

契約書の用語と知識
滋賀で契約書作成なら長浜市の当事務所へ

当ホームページでは契約書作成に関する用語と知識も記述しておりますので、ご覧いただければ参考になると思います

 

 

「8つの安心」が特長
滋賀で契約書作成なら長浜市の当事務所へ

滋賀県長浜市 行政書士かわせ事務所の8つの安心イメージ画像

行政書士かわせ事務所は「8つの安心」により、ご利用しやすい環境を整えており、気軽にご相談していただけます。行政書士の業務は紛争を未然に防ぐ予防法務ですので、早期相談が早期解決につながります。離婚・相続・遺言・建設業許可・農地転用・ビザ申請は初回60分無料相談。

 

特定行政書士
土日祝もご予約OK
初回60分無料相談
明朗会計システム
出張訪問OK
スピード対応
転送電話
他士業と提携

 

ご相談・ご依頼のご予約
滋賀で契約書作成なら長浜市の当事務所へ

  • まずはお電話でご予約をお願いします
  • お問合せはメールフォームからでもOKです
  • 営業時間:9:00〜17:00
  • 定休日:土日祝と12/29〜1/3

 

事務所概要
滋賀で契約書作成なら長浜市の当事務所へ

  • 行政書士かわせ事務所
  • 〒526-0021
    滋賀県長浜市八幡中山町318番地15
  • TEL:0749-53-3180
    FAX:0749-53-3182
  • 特定行政書士 川瀬規央
    滋賀県行政書士会 第16251964号
  • 9:00〜17:00(土日祝と12/29〜1/3は定休)
滋賀県長浜市 行政書士かわせ事務所の行政書士画像 滋賀県長浜市 行政書士かわせ事務所の事務所外観画像 滋賀県長浜市 行政書士かわせ事務所の事務所内観画像

 

 

長浜市はもちろん、彦根市や米原市からもアクセス抜群です。「長浜警察署前」交差点を北へ220m、専用駐車場有ります

 

 

 

 

 

 

 

 

 

金銭に関する書類作成
滋賀で契約書作成なら長浜市の当事務所へ


金銭に関する書類は、主にAさんがBさんに金銭を借りるといったようなシーンで作成します。借りる相手や借りる金額にもよりますが、口約束ではトラブルになる危険性があります。騙そうなどという気はなくても勘違いによるトラブルに発展することもあります。

 

お金の貸し借りは口約束ではなく、書面にしておくことで無用なトラブルを防止することができます。主に作成する書類は以下の通りです。

  • 金銭消費貸借契約書
  • 債務弁済契約書
  • 金銭借用証書

 

 

不動産に関する書類作成
滋賀で契約書作成なら長浜市の当事務所へ


土地や建物といった不動産の貸し借りについては、ほとんどの場合は不動産業者を介して行われます。不動産業者は重要事項説明をした上で書類の作成や契約までしてくれます。不動産業者を介さずに個人間で貸し借りをする場合も、勘違いなどによるトラブルを防止するために書類を作成しておくことがベストです。不動産に関する書類で主なものは以下のとおりです。

  • 不動産賃貸借契約書
  • 建物賃貸借契約書
  • 駐車場使用契約書

 

 

贈与契約書
滋賀で契約書作成なら長浜市の当事務所へ


贈与契約書は、その名のとおり贈与の際に作成する書面です。贈与自体、書面による必要はありません。当事者同士であれば書面ではなく、口約束でも贈与契約は成立します。
贈与契約書を作成するということは、当事者以外の人に対して贈与を証するためだといえます。贈与契約書は様々なシーンで作成することが考えられますが、一般的には生前贈与の際に作成することが多いようです。相続対策として有効的である生前贈与も、贈与だと認められなければ遺産に組み入れて計算されてしまいます。生前贈与の際は贈与契約書を作成することをおすすめいたします。